トップページ > その他 > 専業主婦と保育園

専業主婦と保育園について

専業主婦という家庭でも、共働きをしている家庭でも、自分の子供を保育園に入れたいと考えている方がいらっしゃいます。

「実際に両親が働いていないと保育園に預けられないのではないか?」と考えている可能性は十分にありますが、決してそんなことはないのです。

厚生労働省では、保育園への入所希望者を原則的に全員受け入れるという制度の改正を考えているので、パートで働いているという奥さんでも専業主婦だとしても、保育園への入園を申し込めるようになります。

これは専業主婦に限った話ではありませんが、育児には大きなストレスが伴い、ノイローゼになって体調を崩すという女性の方はいらっしゃるので、子供を保育園に入れるというのも選択肢の一つかもしれません。

共働きをしている兼業主婦の方から見れば、なぜ専業主婦の家庭で保育園に入れるのか疑問に感じることがありますが、色々なメリットを持ち合わせているということは事実です。

特に、子供の保育のプロフェッショナルの方が指導しているので、園児はその人たちに物事を教えてもらうことにより、社会性を身に付けられます。

それに、歌や絵本、手遊びなど子供が大きな喜びを得る遊びを教えてもらえますし、自宅では躊躇してしまうような遊びでも保育園では可能なのです。

確かに、預けることによって子供の成長を間近で見れないというデメリットはあるものの、これから成長するに当たって必要なことを保育園で教わることができるので、専業主婦の方でも預けたいという気持ちは十分に分かります。

とは言え、プロのようにはいかないものの、自分でも子育てができるはずなので、仕事をしているわけでもない専業主婦の方は、保育園に入園させずに自分で面倒を見た方が良いでしょう。

一般的に仕事をしているという女性は子供を保育園に入れ、専業主婦ならば幼稚園というのが基本的な分類だというイメージが強いものの、最近ではどちらもピタリと当てはまらないケースが多くなっております。

保育園は自治体によっては、働く日と働かない日がある場合は入園が難しいという可能性も十分にあり、幼稚園に入れるという選択肢を取る親はいらっしゃるのです。

どちらの選択肢を取るかは家庭によって異なりますが、地域の情報収集をしたり、それぞれの子供の事情に合わせたやり方が必要であると言えます。

どちらが正解だとも言えませんが、まずは夫婦でよく子供の将来について考えてみてください。

 

「その他」についてのページ

専業主婦と愚痴
専業主婦とボランティア
専業主婦と母子家庭
専業主婦とマイホーム
専業主婦と保育園
専業主婦への偏見
専業主婦の友達の作り方
専業主婦に関する2chの情報