トップページ > その他 > 専業主婦と母子家庭

専業主婦と母子家庭について

専業主婦から離婚をして、母子家庭になり、一人で子供を育てることになったという方は多くいらっしゃいます。

離婚をする際に色々な手続きを行わなければならないと思われますが、一番に子供のことをしっかりと考えなければなりません。

専業主婦の時は夫の収入があったため、子供に不自由なく生活をさせることができたかもしれませんが、母子家庭になるのであれば夫から養育費をもらえる権利はあるものの、基本的な生活費は自分で稼いでいかなければならないのです。

それに、直ぐに仕事が見つかるというわけでもなく、働き先が見つからないということを考慮して、離婚をする前の別居期間中に新しい職場を見つけるなど、準備をしておく必要があります。

「養育費だけで何とかなる」と思っている専業主婦の方はいらっしゃいますが、もらえる平均的な金額は3万円〜5万円なのでこの資金だけで生活をするのは完全に不可能です。

離婚の原因にもよって異なるので一概には説明できませんが、仮に離婚の原因が自分にあったという場合や、性格の不一致が原因で離婚に至ったという場合は、慰謝料を請求できなくなっております。

そのため、専業主婦をやめて母子家庭になるのであれば、自立への準備を同時に進めていかなければならないということがお分かり頂けるでしょう。

更に、専業主婦の期間が長かったり、今までに就労経験がないという方は、この不況のご時勢、正社員として雇ってもらえるかは分からないので、とりあえずパートからでも始めて生活費を稼ぐということを念頭に置く必要があります。

もし、実家に住めるというのであれば、母子家庭として新たな生活をスタートしていくに当たり、親の助けを借りた方が後々のことを考えると良いです。

とは言え、子供がまだ小さく、幼稚園の送り迎えが必要だという場合は、働く時間が制限されるのは当たり前ですし、時間に融通の利くパートしか選択肢がないと思われます。

それでも、母子家庭には1ヶ月に数万円の援助が受けられる児童扶養手当というものが存在するので、収入が少なければそれと夫からの養育費でまかなうしかありません。

どのような選択をするのかは個人の自由ですし、正解といった生き方はありませんが、専業主婦の頃とは生活が大きく異なることは間違いないです。

離婚をして母子家庭となり、一人でお子さんを育てていくにはそれなりの覚悟が必要だということを、しっかりと頭に入れておいてください。

 

「その他」についてのページ

専業主婦と愚痴
専業主婦とボランティア
専業主婦と母子家庭
専業主婦とマイホーム
専業主婦と保育園
専業主婦への偏見
専業主婦の友達の作り方
専業主婦に関する2chの情報