トップページ > 将来は専業主婦になりたい

将来は専業主婦になりたいという方へ

「将来は専業主婦になりたい」「将来の夢は専業主婦として働くこと」と考えている女性は現在増えております。

不況の影響で男性の収入は著しく下がっており、夫だけの給料では家族を養うのは難しい状況でも、専業主婦になりたいと考える女性は多いようです。

今は共働きをしている妻でも、「将来は専業主婦になりたい」と考えるのは決して不思議ではありません。

経済成長が無く慢性的に不況のご時世だからこそ、「将来の願望を持ちにくい」「社会に出ても活躍の場がなさそう」「仕事と家庭の両立は大変そう」と考えることで、専業主婦になりたいという女性が増えております。

女性には自立心の無さや寄生本能が強いという特徴があり、だからこそ「働かずに専業主婦になって夫に養ってもらいたい」という意見が多いのではないでしょうか。

もちろん、将来は専業主婦になりたいという夢が間違っているわけではありませんが、「楽をしたいから」「仕事をしたくないから」という考え方を改善した方が良いです。

あなたがモデルさんのようにナイスバディな体型で、外見には文句のつけようがなく、尚且つ性格も良くて家庭的という理想の女性ならば高年収の男性が放っておくことはないでしょう。

需要は間違いなくバッチリですし、年収2,000万円や3,000万円を稼いでいる人と結婚できれば専業主婦になって働かない生活を送ることはできます。

しかし、あなたにそこまでの魅力がないのならば結婚して専業主婦になるのは不可能ですし、そのような将来の夢はあっさりと砕かれる可能性が高いはずです。

近年は科学や教育の発展により、「自分が働きたくないから専業主婦を選びたい」という女性を養いたくないという男性が増えました。

相手のことが大好きで、「この人を守るために精一杯努力しよう」「この人と幸せな家庭を築きたい」と考えれば、あなたが専業主婦になりたいという将来の夢を伝えたとしても受け入れてくれるかもしれません。

専業主婦という生き方が間違っているわけではありませんし、家庭を守ったり子供を育てたりするのは大事なことです。

それでも、家族や子供のためではなく、自分のために専業主婦になりたいという将来の夢を掲げるのは間違っているような気がします。

そんな性格の悪い女性が良い人を見つけられるわけがないですし、相当スペックの高い女性でなければ厳しいので、今一度現実を見つめ直した方が良いです。

どちらにしても、自分だけの判断で決めることではなく、夫と話し合って今後の行く末を決めるのが大事だと頭に入れておいてください。