トップページ > 様々な専業主婦 > 無気力な専業主婦

無気力な専業主婦について

毎日無気力で身体がだるく、何事にもやる気が起きないという専業主婦の方はおり、家事も育児も手に付かないことで悩んでいる方はいらっしゃいます。

無気力とは、意欲を失ってエネルギーが消失したような状態を指しますが、専業主婦の方がこのような症状に陥った場合、育児ノイローゼの可能性が非常に高いです。

男性の方には想像ができないかもしれませんが、育児は想像以上に心と身体に負担が掛かることで、ストレスが溜まりに溜まることで無気力感に襲われてやる気が出なくなります。

育児は自分のペースで行うのではなく、赤ちゃんのペースに合わせて24時間体制で行っていかなければならないため、大きなストレスが溜まるということはお分かり頂けるでしょう。

夫から、「結婚前はもっとイキイキしていた」と言われる専業主婦の方も少なくはなく、オシャレをすることも外出をすることも面倒臭くなって無気力になってしまうというわけです。

「専業主婦は自分の趣味の時間が沢山あるから気楽なのでは?」というのは偏見に過ぎず、その人の性格や性質によっては専業主婦という環境がストレスになってうつ病を発症してしまいます。

特に、今までバリバリと外で仕事をしていたという女性は、この環境の変化に対応できず、うつ病を発症することが多いかもしれません。

専業主婦だからといって全ての時間が自由になるというわけではなく、子供はいる場合は育児に合わせて家事も同時にこなしていかなければならないため、知らず知らずのうちに心身ともに負担が掛かっていることが多いのです。

このような状態をいつまでも放置していると無気力な気持ちになるだけではなく、うつ病という大きな病気を発症する可能性がありますし、一度うつ病に掛かると非常に治りにくいと言われているので、リフレッシュすることを念頭に置く必要があります。

ストレスの発散方法は人によって異なりますが、たまには自由にショッピングをしてみたり、美容院に行ってオシャレをしてみたりと適度な息抜きをするのが良いでしょう。

特に頑張りやで神経質な専業主婦の方が、無気力感といった症状に陥ることが多いので、あまり自分を追い詰めずに気楽に考えるということも大切です。

そして、旦那さんが妻をサポートするということも大切で、「家事や育児をやって当たり前」と思っていると、その考えが負担となるケースは少なくないので、たまには奥さんに感謝の気持ちを示すようにしてみてください。

 

「様々な専業主婦」についてのページ

貧乏な専業主婦
無気力な専業主婦
勝ち組の専業主婦
専業主婦の老後
美しい専業主婦になりたい