トップページ > 様々な専業主婦 > 勝ち組の専業主婦

勝ち組の専業主婦について

専業主婦は人生の勝ち組であると言われておりますが、これは給料がそこそこの夫と結婚をしなければ専業主婦になれないため、このような意見が出ているのではないでしょうか。

もちろん、家族の形態には色々と種類があるので一概には言えませんが、「働かなくても家で家事をしていれば良い」「平日はランチと習い事」というイメージが強いため、勝ち組だと考えられているのです。

このようなイメージの専業主婦を勝ち組と表現する風潮がわが日本にはありますが、現在では専業主婦をしている家庭が必ずしも裕福であるとは限らず、男性の収入は徐々に減少を辿っております。

それに、家庭が裕福でお金があるから専業主婦をしているのではなく、病気持ちで外に働きにいけなかったり、家族の介護が必要だということで専業主婦という生き方を選んでいる女性も少なくありません。

そのため、「専業or兼業」で「勝ち組or負け組」を決めるのはおかしなことであると説明できます。

それに、人生は勝ち負けが全てではありませんし、勝手な妄想で姿なき相手に対して勝った負けたと騒ぐのはくだらないことであり、本人が今の生活で満足することが大事なのです。

現状で満足するという意味ではなく、夫婦でお互いに一歩ずつ成長していかなければなりませんが、専業主婦であるかどうかに対し、勝ち負けを決めるのは意味不明であると言えるでしょう。

以上のように、「専業主婦=勝ち組」という考え方がおかしいということがお分かり頂けたと思われますが、専業主婦にメリットがあるのは事実です。

そのメリットの一つとして、自由な時間を持てるということで、働きながら家事や育児を行っていくのは非常に大変なのですが、専業主婦であればそれがある程度楽になります。

それに、子育てが一段落しているという家庭は、自分の趣味などに時間を当てることができるので、贅沢な暮らしをしている主婦像という思い込みがあるのは仕方がありません。

とは言え、共働きをしている夫婦にもメリットはあり、それは家計の基盤が二つとなり、万が一の場合に備えてリスクを分散できるということです。

不況のおり、上場している会社に就職したとしてもリストラの可能性は十分にありますが、共働きをしていれば収入がゼロになるという心配はないと言えます。

どちらの夫婦像が良いのかは家庭によって異なりますが、一つ言えることはこれで勝ち組か負け組か決めるのは全く意味がないということです。

 

「様々な専業主婦」についてのページ

貧乏な専業主婦
無気力な専業主婦
勝ち組の専業主婦
専業主婦の老後
美しい専業主婦になりたい