トップページ > 専業主婦になりたい理由

専業主婦になりたい理由について

専業主婦になりたいという女性は増えている傾向にありますが、その理由は人によって異なっております。

人によって価値観が大きく異なるように、専業主婦になりたい理由にも違いが生じているというわけです。

そこで、ここでは女性の方が専業主婦になりたい理由について詳しく説明していくので、是非参考にしてみてください。

家事や育児に集中したい

これは昔からの考え方の一つですが、専業主婦になりたい大きな理由として、家事や育児に集中したいということが挙げられます。

理想は夫婦で力を合わせて家事や育児をしていくことですが、現実的に夫に任せるのが不安だと考える女性が多く、仕事を続けながら家事と育児を両立するのは並大抵のことではありません。

そのため、専業主婦になって家の中を守り、夫の支えとなりたいと考えているわけです。

また、幼い頃両親が共働きで寂しい思いをした経験があり、自分の子供にはこのような思いをさせたくないということで専業主婦という道を選ぶ女性もいらっしゃいます。

兼業主婦でも子供に愛情を注ぐことは十分に可能ですが、その時間が短くなるのは事実です。

今の仕事を辞めたい

若い女性の中で専業主婦になりたいと思っている方は、今の仕事が辛くて辞めたいという理由で専業主婦を望んでおります。

心配性や神経質な方は、職場の些細な人間関係でストレスを溜め込みやすく、その影響で身体に異変が引き起こされる可能性も十分にあるので、身体に負担を掛けないという意味でも、家の中で家事や育児を中心に頑張りたいと思うのです。

ただし、専業主婦願望に対して否定的な方からすると、これは「逃げ」「逃避」と捉えられてしまい、怠け者の考えであると回答している女性もいらっしゃいます。

働いている人と比べれば専業主婦は楽ですが、精神的に楽かと言われれば人によって異なると言えるでしょう。

育児による疲れで、働いている人が羨ましいと思う女性はおりますし、社会から取り残されているという焦燥感に襲われることもあるので、専業主婦になったからといって全てが解決するわけではないのです。

母親の価値観

自分の母親の価値観が、「女性は専業主婦が当たり前」という考えですと、それに影響を受けて自分も専業主婦にならなければならないと感じるようになります。

それに、専業主婦の家庭で育った女性は、母親の愛情に恵まれており、子供にも同じような思いをさせてあげたいということで、専業主婦を希望するのです。