トップページ > 専業主婦と離婚 > 専業主婦と離婚時の手続き

専業主婦と離婚時の手続きについて

離婚をするに当たり、市区町村役場などでどのような手続きを行わなければならないのか、専業主婦の方でもきちんと把握しておく必要があります。

もちろん、これは専業主婦に限った話ではありませんが、中には離婚に関する手続きを相手方に全て任せている方がいらっしゃいますが、これは非常に危険です。

例えば、浮気をした夫が自分が悪いと反省し、条件を良くするから離婚に関する手続きを任せて欲しいと言い、実際は慰謝料や財産分与が全くなく、離婚後にトラブルになるケースも決して少なくありません。

専業主婦の方でも、相手方から財産をもらうことができ、夫婦で築いてきた財産なので当たり前なのですが、離婚による手続きに自分も参加しないと、相手の良いように進められてしまうので注意が必要です。

また、子供を専業主婦が引き取ることになり、夫も子供を可愛がっていたので、慰謝料や養育費を強制執行できる公正証書は必要ないと思っていたものの、離婚後に養育費の支払いが滞ってしまったということもあり得ます。

以上のように、専業主婦の方に限った話ではないですが、どのような手続きを行って離婚が成立するのか、双方ともきちんと確認しておかなければならないということがお分かり頂けるでしょう。

また、専業主婦で夫が厚生年金保険に加入していた場合、離婚が成立すれば専業主婦は夫の扶養ではなくなるため、国民年金に変更する手続きを行う必要があります

。離婚してから直ぐに自営業を始めるという場合や、直ぐに働く予定がないという場合、市区町村役場で第1号被保険者になる手続きを行いますが、専業主婦の方は経済的に保険料を自力で納めるのが困難なことも少なくないです。

このような方に向けて、保険料が免除されるサービスもあるので、専業主婦の方は負担を少しでも減らすために、お近くの役所に相談してみてください。

さて、離婚をするとなると、専業主婦の方でも生活を行っていくために、仕事をしていかなければなりませんが、独り立ちをするのは意外とハードルが高く、子供を抱えているという方は特に大変です。

そこで、今後の生活設計や、どの程度の慰謝料や養育費をもらえるのか、プロの弁護士に相談するのも一つの方法かもしれません。

確かに、弁護士に依頼するとなると大きな費用がかかるということは間違いありませんが、専業主婦の方は少しでも安心するためにも弁護士を雇った方が良いのです。

 

「専業主婦と離婚」についてのページ

専業主婦と離婚時の財産分与
専業主婦と離婚時の準備
専業主婦と離婚時の慰謝料
専業主婦と離婚時の手続き
専業主婦と離婚後の生活
専業主婦と離婚後の養育費
専業主婦が離婚するリスク
専業主婦で離婚は不利?
専業主婦と別居