トップページ > 専業主婦と離婚 > 専業主婦と離婚するリスク

専業主婦と離婚するリスクについて

ここでは、専業主婦が離婚することでのリスクについて、詳しく説明していきたいと思います。

感情的になって直ぐに離婚をしたいと考える専業主婦の方がいらっしゃるかもしれませんが、リスクも考慮しなければならないということを頭に入れておいてください。

自分だけで生活をしていかなければならないというリスク

これが専業主婦が離婚をする際の最大のリスクであると言えますが、夫と別れることによって自分だけで生活をしていかなければならないということです。

特に子供を引き取った場合は、子供の生活費も考慮しなければならず、養育費をもらえるといっても2人が暮らせるような金額ではないので、離婚後の仕事について考える必要があります。

自分に少しでも収入があればヘソクリもできますし、もしもの時に備えられますが、専業主婦の場合は収入がないということが大きなハンデとなり兼ねません。

実家にお世話になるという選択肢もありますが、いつまでも親に助けてもらうわけにもいかないので、離婚前に離婚後の仕事についてある程度考えておくべきです。

老後資金が少ないというリスク

公的な年金制度は、国民年金と厚生年金の2つの組み合わせとなっておりますが、専業主婦の方は厚生年金に加入できないので、老後の資金が少ないというリスクがあります。

基礎年金に関しては1ヶ月に6万6,000円程度で、この金額は今後下がり行く可能性は十分にあるので、老後の心配をしなければならないというわけです。

ご存知の方も多いのですが、アルバイトでは厚生年金に加入できないので、離婚してそれぞれの生活をすることになった専業主婦の方は、老後のリスクを少しでも軽減させるために、社員になって厚生年金に加入しておいた方が無難でしょう。

片親になるというリスク

これは子供がいる専業主婦のリスクですが、片親になることで子供への影響は色々と考えられます。

子供は親の背中を見て育つことが多く、反面教師という考え方もありますが、子供の成長に大きな影響を与えるとなると、理想的な大人像を目指さなければならないのです。

この世界で生きていく上で、コミュニケーション力や判断力、洞察力といった能力は必須なのですが、離婚をして片親となった場合、母親の姿しか見られなくなります。

この後に再婚をする可能性もあるかもしれませんが、専業主婦である母親が理想の大人像でいられるような努力をしていかなければなりません。

 

「専業主婦と離婚」についてのページ

専業主婦と離婚時の財産分与
専業主婦と離婚時の準備
専業主婦と離婚時の慰謝料
専業主婦と離婚時の手続き
専業主婦と離婚後の生活
専業主婦と離婚後の養育費
専業主婦が離婚するリスク
専業主婦で離婚は不利?
専業主婦と別居