トップページ > 専業主婦と離婚 > 専業主婦と離婚時の準備

専業主婦と離婚時の準備について

専業主婦の方は、離婚をしたいからといって直ぐにお互いの合意によって行われる協議離婚をするのではなく、まずはきちんと準備を進めていく必要があります。

お互いに感情的になると、直ぐに離婚をして一時も早く離れたいと考えるかもしれませんが、専業主婦が不利な立場にあるということは間違いないです。

そこで、始めに行わなければならない準備として、自分名義のクレジットカードを作ったり、自分名義の貯金を作ったりすることをおすすめします。

離婚をして新生活を行うに当たり、クレジットカードを持っておくと便利なのですが、離婚をしてから作るのは大変なので、婚姻中に作っておくのが良いということはお分かり頂けるでしょう。

それに、新しい生活をするためにはお金が必要なのですが、今の日本の現状では、専業主婦で得られる財産分与は少なく、慰謝料や養育費もキチンともらえるかどうか分からないので、自分名義のお金は必要不可欠です。

また、仕事先を探しておくという準備も大切で、離婚をしてから働こうと考えていても、思うように見つからないという可能性は十分にあり得ます。

いつまでも無職の状態が長いと、日常生活すらままらないこともあるので、専業主婦の方はできる限り離婚の準備を進めている段階でハローワークなどに通い、仕事を探しておいた方が良いというわけです。

結婚をする前に就労経験があったとしても、専業主婦の方が急に社会復帰するのは意外と大変なので、再就職する前に時間を有効に使えるというメリットを生かし、資格取得の勉強を行っておいた方が良いかもしれません。

「専業主婦が再就職をするのは無理なのでは?」と考えている方は決して少なくはありませんが、子供がいる場合は保育園に預けたり、家族の助けを得るために実家の近くに住むという心掛けをしていれば、フルタイムで働くことは十分に可能です。

それでも、子供がいる場合は時間に制限があるのは事実ですが、子供を引き取って生活していくためにはお金は必要なので、離婚前から準備をした方が良いと説明できます。

専業主婦の方が離婚をしてから一人で生活をしていくのは大変なことで、小さなお子さんがいると「住まいの近い職場を探す」「残業がない」ということも考慮していかなければならないのです。

どのような理由によって離婚に至るかはケースバイケースですが、あまりにも子供が小さいという場合は、離婚を見送るという選択肢も頭に入れておいてください。

 

「専業主婦と離婚」についてのページ

専業主婦と離婚時の財産分与
専業主婦と離婚時の準備
専業主婦と離婚時の慰謝料
専業主婦と離婚時の手続き
専業主婦と離婚後の生活
専業主婦と離婚後の養育費
専業主婦が離婚するリスク
専業主婦で離婚は不利?
専業主婦と別居