トップページ > 専業主婦と離婚 > 専業主婦と離婚時の慰謝料

専業主婦と離婚時の慰謝料について

必ず発生するというわけではありませんが、結婚生活において相手から精神的なダメージを受けた場合、それを損害賠償として支払う行為のことを慰謝料と呼びます。

浮気や暴力、ギャンブルで家庭をかえりみないなどが典型的な慰謝料が発生する例で、専業主婦の方でも夫から慰謝料を請求できるのです。

もちろん、逆のパターンもあり、専業主婦でも過失があれば夫に対して慰謝料を支払わなければならず、離婚をしてから仕事をしていくと思われますが、そのお金で少しずつ支払ったり、財産分与で得た金額から差し引かれる場合もあります。

「専業主婦だから財産がない」というのは慰謝料を支払わない理由にはならず、精神的損害に対する賠償金なので、女性だけがもらえる特権ではないということを頭に入れておかなければなりません。

離婚時に、婚姻生活で二人で築いてきた財産を分け合うのが財産分与で、これは慰謝料とは全く別のものですが、場合によってはまとめて行われることがあります。

その中で中心的なものは精算的財産分与と呼ばれており、婚約期間中に築いた財産を寄与度によって精算していくのです。

専業主婦の方は直接的な収入がなかったかもしれませんが、家事や育児を行って夫の支えになっていたということは事実なので、ケースによって異なりますが一切財産をもらえないということはないでしょう。

また、扶養的財産分与という要素もあり、専業主婦は離婚によって経済的に不安定になることが多く、生活が安定するまでの間、夫がその生活をサポートするために財産が支払われるのです。

このように慰謝料や財産分与によってお金を得られるので、専業主婦の方でも離婚をしたからといって生活ができないということはないと言えます。

それでも、子供を引き取った場合は一人でいる時よりもお金は減っていきますし、慰謝料でずっと生活ができるというわけではないので、仕事を探していかなければなりません。

離婚をする際の準備の一つとして仕事探しが挙げられるので、不安定な生活にならないためにも、正社員は無理でもアルバイトなどで繋いだ方が良いと思われます。

以上のように、慰謝料が夫から妻へ、そして妻から夫へと支払われる可能性がありますが、性格の不一致で離婚が成立した場合は請求できないのです。

多くの夫婦が性格の不一致を理由に離婚に至るのですが、どちらに責任があるのか判断しにくいので、慰謝料は発生しないのが一般的となっております。

 

「専業主婦と離婚」についてのページ

専業主婦と離婚時の財産分与
専業主婦と離婚時の準備
専業主婦と離婚時の慰謝料
専業主婦と離婚時の手続き
専業主婦と離婚後の生活
専業主婦と離婚後の養育費
専業主婦が離婚するリスク
専業主婦で離婚は不利?
専業主婦と別居