トップページ > 専業主婦と離婚

専業主婦と離婚について

専業主婦の方で離婚をしたいと考えている方はいらっしゃると思います。

「専業主婦は仕事をしていない期間が長いから働けないのでは?」と悩み、離婚という決断をせずに夫婦生活を続ける方もいらっしゃいますが、確かに専業主婦のまま離婚しても立場が弱く、親権は夫にいく可能性が高いです。

子供を育てていくにはお金が必要で、専業主婦よりも仕事をしている夫の方が経済的には安定しているので、親権を取りにくいということはお分かり頂けるでしょう。

そのため、離婚を考えている専業主婦の女性は、まずはアルバイトでも良いので仕事をしてお金を稼ぐ努力をする必要があります。

もちろん、人によって状況は異なり、子供がまだ小さいということで働けないということは十分にあり得ますが、「離婚をしたいけど生活レベルを落としたくない」というのは、完全にわがままです。

離婚の理由にもよって変わるので一概には説明できませんが、離婚を考えているということは夫婦仲が冷え切っていると想定でき、離婚をするのであれば仕事をして自活しなければなりません。

専業主婦の女性でも再就職をすることは十分に可能で、育児を家族にサポートしてもらえるように、実家の近くに住むことで、会社側も考慮してくれると思います。

また、現在ではどんな業種でもエクセルやワードなどパソコン業務は必須なので、基本ソフトはある程度使いこなせるように勉強しておくべきです。

それに、専業主婦であれば家事に費やす時間を差し引いても、時間が有り余っているはずなので、その時間を利用して離婚をする前に資格を取得するための勉強を行うのも一つの方法だと思われます。

フルタイムで働き始めるまでに時間が掛かるようであれば、繋ぎのアルバイトをして生活費を稼ぐという試みも大事です。

今の夫と離れたいからといって、直ぐに離婚をしても良いことはないので、きちんと計画を練るようにしてください。

専業主婦の女性と離婚したいという男性の方へ

専業主婦の女性が家事や育児を行わないということで、離婚をしたいと考える男性の方はいらっしゃいます。

フルタイムの仕事をしていて、全ての家事を行う時間がないというのであれば仕方がありませんが、専業主婦の方が家事や育児を行わないのはあり得ないのです。

夫の収入を得て生活できているのは事実で、専業主婦の仕事は家庭を守るということなので、これが満足にできない女性と離婚したいという気持ちは大いに分かります。

 

「専業主婦と離婚」についてのページ

専業主婦と離婚時の財産分与
専業主婦と離婚時の準備
専業主婦と離婚時の慰謝料
専業主婦と離婚時の手続き
専業主婦と離婚後の生活
専業主婦と離婚後の養育費
専業主婦が離婚するリスク
専業主婦で離婚は不利?
専業主婦と別居