専業主婦の疎外感について

仕事をしている時は早く専業主婦になりたいと思っていた方でも、いざ専業主婦になって生活してみると夫が仕事に出掛けている時は一人で過ごさなければならないため、疎外感を感じるという方も少なくありません。

仕事をしていた時は友人とランチに行ったり、自分の給料で何を買おうかと考える時間が楽しかったと思い出にふける方もいらっしゃいます。

特に、夫の転勤で見知らぬ土地に引っ越してしまったという専業主婦の方は、周りに友達が全くいないため、余計に疎外感を感じるはずです。

しかし、この疎外感というものは専業主婦だけが感じる特別な感情というわけではなく、男性でも感じている方はいらっしゃると思います。

性別に限った話ではなく、人は誰かと繋がっていたいと考えるため、そのような心が満たされていないと孤独感を覚えて、この先の人生が不安になってしまうというわけです。

専業主婦の方は特に一人でいる時間帯が多いため、考え込んでしまうかもしれませんが、あなたには夫という素晴らしいパートナーがいるということを忘れないでください。

あなたが家庭で掃除や炊事といった家事をこなし、夫を支えているからこそ安心して仕事に打ち込めるのであり、専業主婦が重要な存在であることには変わりないので疎外感を感じる必要はないというわけです。

このような不安な気持ちを取り払うためにも、専業主婦をやめて働くというのも一つの手段で、暇な時間が長いと余計に考え込む可能性があるため、生活費を稼ぐという意味でも仕事を始めるのは良いと思われます。

理想の職場が直ぐに見つかるというわけではありませんが、簡単に始められるパートからでも良いので、生活に刺激を加えることで自分は一人ぼっちだと感じることは少なくなるはずです。

専業主婦の方は立派に家族を守っているという使命があるものの、行く先が不安な方は疎外感を感じてしまうので、何か新しいことを始めた方が良いでしょう。

仕事ではなく、資格を取得したり自分のスキルを上げるための勉強など、自分の好きなことを始めることにより、今までにはなかった何かを見つけられるかもしれません。

どのような選択肢を取るにしても、夫という大事なパートナーが見守ってくれていることを実感すれば、疎外感を覚えることはないはずです。

専業主婦に限らず、この世に一人ぼっちの人間は存在しないので、もっと安心して前を向いて歩けるように努力してみてください。

 

「専業主婦のプレッシャー」についてのページ

専業主婦と劣等感
専業主婦の社会復帰
専業主婦の疎外感
専業主婦の生きがい