トップページ > 専業主婦のプレッシャー > 専業主婦の生きがい

専業主婦の生きがいについて

生きがいや充実感を得られずに悩んでいるという専業主婦の方は多く、焦って自己嫌悪に陥っているという方も少なくはありません。

専業主婦の方は、家の中で一人で過ごす時間帯が長いため、他の方よりも考え込んでしまうことが多く、自分の生きがいや趣味が見つからずに不安になることがあります。

これは専業主婦に限った話ではなく、自分の生きがいを見つけるのは非常に難しいことなのですが、家庭を守り続けるというのは大変で、立派な仕事であるということは間違いないです。

自分のためにお金を使って遊ぶという喜びは直ぐに虚しくなる可能性がありますが、夫や子供のためにと頑張って家事や育児を頑張り、家族に感謝されるような仕事をしている時に、自分の生きがいが何なのか分かると思われます。

「何がやりたいのか分からない」「何のために生きているのか分からない」ということで旦那さんに愚痴をこぼしてしまうこともあるかもしれませんが、生きていくことだけでも素晴らしいことですし、無理に探そうとする必要はないのです。

必死に生きていればだんだんと自分の生きがいを見つけられると思いますし、焦って探すようなものでもないでしょう。

それでも目に見える生きがいが欲しいと思っている専業主婦の方は、何でも良いので興味があることにチャレンジすることをおすすめします。

生活費を稼ぐためにパートをするのも良いですし、少しでも家族に喜んでもらうために料理を覚えるというのも良いです。

どんな方法だとしても、何かを始めなければ前に進むことはできませんし、生きがいを見つけることもできないので、色々なことにチャレンジしてみてください。

このように必死に生きているうちに、自分にとって何が大事なのか把握することができるはずです。

何を充実感とするかは人によって異なりますし、一概に説明できるものでもありませんが、自分から積極的に行動に移さなければ何も得ることはできないと言えます。

「勉強しても資格を取ることなんてできない」「家事は苦手だから料理は覚えられない」と結果を自分で予測しても何も意味がありませんし、それはただの逃げなのです。

どんなことでも楽しんでできることに越したことはありませんが、生きがいを見つけられるまでに自分にとって不都合なこともあるのが現実だと説明できます。

それでも、目の前のことを精一杯行うことで、何かが変わるかもしれないので、挑戦する価値は大いにあると言えるでしょう。

 

「専業主婦のプレッシャー」についてのページ

専業主婦と劣等感
専業主婦の社会復帰
専業主婦の疎外感
専業主婦の生きがい