トップページ > 専業主婦のお小遣い > 専業主婦とアルバイト

専業主婦とアルバイトについて

専業主婦の中でアルバイトをして、お金を稼ぎたいと考えている方がいらっしゃいます。

もちろん、アルバイトをするということは専業主婦ではなくなるわけですが、アルバイトをして生活費を稼ぐというのも一つの選択肢です。

これは専業主婦である妻の独断で決めるのではなく、夫としっかりと相談をしなければならないわけですが、本業である掃除や洗濯が疎かにならないのであればアルバイトをしても良いと思われます。

少しでも稼いで生活費の足しにできるのであれば、夫に家事を手伝ってもらうということも可能ですし、サラリーマンの男性の給与平均はどんどん下がっているという傾向にあるので、それを補うためにお金を稼ぎたいと思う専業主婦の気持ちには大いに賛成であると言えるでしょう。

現在ではインターネットを使って色々な情報収集ができますし、自分が働きたい時間帯に合わせてシフトを決められるアルバイトも幾つかあるので、求人の案内について情報を集めることから始めた方が良いです。

ただし、インターネット上で記載されている内容の中には、信用できない求人の案内がされている場合があり、特に在宅でできる仕事選びには十分に注意しなければなりません。

在宅ワークは家の中にいることが多い専業主婦にとって、非常に便利であることには間違いありませんが、収入額がにわかに信じがたいものや、斡旋を装った詐欺の可能性も十分にあります。

「自宅で簡単に稼げる」という文言に騙されるという専業主婦の方はいらっしゃるので、インターネット上で紹介されている情報を安易に信じてはいけないというわけです。

子供の有無によってできるアルバイトの時間帯は異なり、それによって選択肢が分かれると思いますが、生活費の足しやお小遣いの足しにするという意味では、働くという選択も良いと思われます。

しかし、専業主婦の方がアルバイトを行う場合、夫の扶養であるということを一番に考えなければならず、配偶者控除を受けられるのは1年間の給料が103万円以下の時と決められているのです。

主婦がパートで稼ぐに当たり、103万円以内に抑えておけば夫の税額は増えませんが、この金額を超えてしまうと支払う税金が増えるので十分に注意しなければなりません。

更に、社会保険でいう扶養は年収130万円がラインとなっており、そのラインを超えると健康保険や年金の保険料を自分で支払わなければならないので注意が必要です。

 

「専業主婦のお小遣い」についてのページ

専業主婦と副業
専業主婦と内職
専業主婦と習い事
専業主婦とアルバイト
専業主婦と物欲
専業主婦とファッション
専業主婦と貯金
専業主婦とカードローン
専業主婦と節約
専業主婦と家計簿