トップページ > 専業主婦のお小遣い

専業主婦のお小遣いの平均について

専業主婦の方は自分でお金を稼ぐことができないので、旦那さんからお小遣いをもらっていると思われますが、その金額は家庭によって異なります。

旦那さんの給料を専業主婦の方が管理しているという場合もありますが、お小遣いの平均は2万円〜3万円というデータが出ました。

もちろん、専業主婦の年代によってもらえるお小遣いの平均は異なりますが、年代が高くなるにつれてお小遣いの平均も高くなる傾向にあり、満足度もそれに伴って上がっていきます。

若い専業主婦の方は、今のお小遣いの金額に多少の不満を抱いているみたいですが、年代が上がると「満足している」「どちらでもない」と回答している方が非常に多いのです。

不況と言われる現在、専業主婦のお小遣いの金額が減っている傾向にありますが、それでもその金額に満足している方が多いというのは、紛れもない事実であると言えるでしょう。

とは言え、自分の妻のお小遣いの金額を知っている夫は約2割で、それ以外の夫はお小遣いの平均を把握していないというのは事実です。

自分の給料を専業主婦である妻に渡し、妻がお金を管理して自分と旦那のお小遣いを渡しているという家庭もあるので、全体の平均は異なると説明できます。

お金の管理が上手くできない男性の方は非常に多く、女性である妻に任せることが多いかもしれませんが、自分の給料がどのように使われているのか、一度しっかりと把握しておくようにしてください。

専業主婦のお小遣いの内訳について

専業主婦のお小遣いの内訳は人によって異なるので一概には説明できませんが、友人とのお茶代やランチ代、書籍代といった自分の趣味に費やしている方が多いようです。

そして、月々に余ったお小遣いを貯金し、将来に備えているという専業主婦の方もいらっしゃいます。

専業主婦のお小遣いの平均は決して高くはありませんが、その中でやり繰りをし、自分の趣味に費やしてストレスを発散しているようです。

中には、お小遣いの内訳は全て子供のための貯金だという方もおり、個人の性格によって使い方が大きく異なると言えるのかもしれません。

とは言え、学生がもらうお小遣いと同じように、専業主婦の方も月々にもらったお小遣いだけでやり繰りするわけではなく、その他にも必要な化粧品や洋服があれば、その都度買ってもらっているようです。

お小遣いは自分のためのお金なのですが、将来のために貯金するという選択肢は非常に良いのではないでしょうか。

 

「専業主婦のお小遣い」についてのページ

専業主婦と副業
専業主婦と内職
専業主婦と習い事
専業主婦とアルバイト
専業主婦と物欲
専業主婦とファッション
専業主婦と貯金
専業主婦とカードローン
専業主婦と節約
専業主婦と家計簿