専業主婦の特権について

専業主婦になりたいという女性が以前から増えているのは、働く女性にはない特権があるからなのではないでしょうか。

女性によって専業主婦に対する考え方は異なりますし、どのような生活を送るのかも家庭によって違いが生じております。

それでも、専業主婦にしかない特権があるのは事実ですし、だからこそ専業主婦に夢見る女性は多くいらっしゃるのです。

専業主婦の特権の一つは時間を有意義に使えるということで、子供とずっと一緒にいれたり、平日の空いている時間帯にショッピングを楽しんだりと、自由な時間が多くなります。

働いている女性であれば基本的に平日の昼間などに時間を作るのが難しく、休日の混んでいる時間帯しかショッピングを楽しむことはできないはずです。

もちろん、専業主婦の本来の仕事である洗濯や掃除といった家事を怠ってはいけませんし、夫が仕事から帰って来るまでに温かい料理を提供しなければなりません。

それでも、やることさえきちんとやっていれば、時間の使い方が自分次第という点が専業主婦の最大の特権というわけです。

子供が小さいうちは、子供中心の生活を送らなければなりませんし、パートや仕事をしている女性よりも専業主婦の方がしっかりと面倒を見ることができます。

また、「専業主婦は働かずして生活できる特権階級」と考えている女性は多く、これは紛れもない事実なのです。

家事をこなしていれば夫が養ってくれますし、仕事のストレスから開放されるのは女性にとってありがたいことなのではないでしょうか。

実際に女性にアンケートを実施したところ、専業主婦への憧れを抱いている方は、「働かなくて良いから」「子育てに専念する暮らしは素晴らしい」「家庭や家族のことに集中できる」という理由を述べておりました。

このような考え方が正しいのかどうかは分かりませんが、夫さえいれば働かなくても生活できるからこそ、専業主婦は特権階級だと言われているのです。

このような特権があるのにも関わらず、専業主婦へと憧れないという女性の方はいらっしゃいます。

そのような方は、「家のことで1日が終わるのは辛い」「社会と隔離されているような気がする」「働いていればいいことがある」「働いて自分のお小遣いくらいは稼ぎたい」という意見を述べておりました。

「夫に養ってもらっている」という考えが嫌な女性は専業主婦に憧れず、共働きの道を選びたいと思っているのです。

犯罪さえ犯さなければ人間の生き方に正解不正解はないので、どのような家庭を目指していくのか夫と話し合ってみてください。

 

「専業主婦のメリット」についてのページ

専業主婦の趣味
専業主婦の特権
専業主婦と読書
専業主婦と妊婦
専業主婦と子育て
専業主婦と二度寝
専業主婦と資格
専業主婦の時間の使い方
専業主婦の一日の過ごし方