専業主婦と妊婦について

妊娠して妊婦となり、仕事を辞めて専業主婦の道を歩むことになったという女性の方は多いと思われます。

最近では自分から進んで専業主婦になりたいという女性は増えている傾向にあるのですが、それでも仕事を続けたいという方もいらっしゃるというのは事実です。

しかし、妊婦さんが仕事をそのまま続けるのは不可能で、ある程度の期間が経てば産前休暇を取ることになりますが、働いている場所によってはこの制度が取られていないところもあります。

出産をして専業主婦になるのではなく、育児をしながら仕事をしたいと考えている妊婦さんはいらっしゃいますが、現実はかなり厳しく、数ヶ月の休暇をしたということで元の職場に戻れないという場合も十分にあるでしょう。

個人的に、妊婦さんに対する制度を抜本的に見直す必要があると思いますが、それでも産前休暇や産後休暇といった制度が曖昧で、元の仕事に戻れないということで専業主婦になる女性もいらっしゃいます。

とは言え、赤ちゃんを授かっている女性の身体は非常にデリケートであり、少しの体調の変化にも敏感に対応しなければならないので、休暇を取ることが実質的なリストラに繋がるとしても、自分の身体を一番に考えなければなりません。

専業主婦になりたくないという女性の場合、出産を経て元の職場に戻れないとしても、アルバイトをしてお金を稼ぐという選択肢もあります。

地方の場合、自分に適したアルバイトが見つからないということはあるかもしれませんが、都会であれば様々なタイプの業種がありますし、雇ってくれるところが一つもないという事態は引き起こされないはずです。

このように、妊婦の期間中は自分の身体の健康に気を配らなければならないということが、お分かり頂けたと思われます。

もちろん、自分から進んで専業主婦になりたいという女性は、妊婦になる前に専業主婦になっているので特に問題はないでしょう。

中には、何もすることがなくて暇だと感じている方がいらっしゃいますが、有り余る時間があるというのは非常に大きなメリットなので、妊婦の時でも身体に負担のかからない趣味に打ち込むのが良いと思われます。

赤ちゃんが生まれれば世話に付きっ切りとなり、暇だと感じることはなくなるので、今のこの時間を大切にするべきです。

旦那さんには申し訳ないという気持ちになるかもしれませんが、今は自分一人が楽しんだり、リラックスできる方法を考えてみてください。

 

「専業主婦のメリット」についてのページ

専業主婦の趣味
専業主婦の特権
専業主婦と読書
専業主婦と妊婦
専業主婦と子育て
専業主婦と二度寝
専業主婦と資格
専業主婦の時間の使い方
専業主婦の一日の過ごし方