トップページ > 専業主婦になりたい彼女

専業主婦になりたい彼女について

彼氏と付き合っており、専業主婦になりたいと考えている彼女は増えており、若い女性がこのように考えている傾向にあります。

現実的に高収入の男性と結婚すれば専業主婦になれる可能性は高まりますし、望みを叶えられるかもしれませんが、現在は不況のおりで非常に難しいと言えるでしょう。

これはかなり昔の統計なのですが、25歳〜34歳の結婚適齢期の女性で、結婚相手に求める年収600万円以上を希望する方は約4割であるのに対し、独身の男性でその程度の年収を得ている人は僅か3%しかいないのです。

そのため、専業主婦になりたいという気持ちは分かりますが、ただ騒いでいるような彼女を見ていても、前に進むことはできないと説明できます。

日本の伝統的な考え方として、専業主婦になりたいというのは夫を影で支えて家事と育児に精を出すということでしたが、若い彼女たちが考える夢は特殊で、「仕事をしたくない」「早起きしたくない」という理想があるのは事実です。

もちろん、全ての女性がこのような考え方をしているわけではありませんが、専業主婦になりたいと考えている彼女の中には、少しでもこのような考えがちらついている方はいらっしゃると思います。

確かに、職場での人間関係は最もストレスが溜まりやすいですし、その影響でうつ病になるというケースも決して珍しくないので、逃げたいと考える気持ちは十分に分かるのです。

とは言え、夫に養ってもらうためだけに専業主婦になりたいと考えるのは、あまり宜しくないのではないでしょうか。

専業主婦になるのは決して簡単なことではありませんし、家事や育児などやるべきことはたくさんありますが、上記のような理由で専業主婦になりたいと考える彼女は、自分のやりたいことが好きなだけできると考えている可能性は十分にあります。

それに、仕事に精を出して成功し、自立という挑戦を追い求めていくよりも、高収入の夫を見つける方が女性にとって魅力的なことであるということは間違いありません。

それでも、結婚をするのであれば夫婦の将来について考えていかなければなりませんし、子供を作る予定でいるのならば尚更です。

結婚する予定のある相手がいるという彼女は、自分の意志だけでは専業主婦になりたいことを主張するのではなく、二人で話し合って相談をした方が良いと思います。

幸せの形は人によって異なるので一概には言えませんが、自分のことだけを考えていては、本当の幸せを手に入れることはできないのです。