トップページ > 専業主婦の考え方 > 専業主婦が辛いという方へ

専業主婦が辛いという方へ

中には、専業主婦が辛いと感じている方がいらっしゃるかもしれませんが、一般的に見て外で働いてお金を稼ぎ、同時に家事をこなしている兼業主婦の方が辛いと説明できます。

もちろん、専業主婦の仕事が楽だと言っているわけではなく、チリ一つホコリ一つないように部屋を掃除し、出来合いの料理は絶対に作らないというような生活を毎日心掛けていれば、それなりに大変なのです。

それに、当たり前のように家事や育児をこなしていたとしても誰からも褒められることがなく、給料が発生しない仕事なのでこれが辛いと感じる気持ちは十分に分かります。

とは言え、中には外で働いてお金を稼ぎながら家の仕事も同時に行い、家計を助けているという女性もいらっしゃるので、専業主婦の方だけが辛いというのはおかしいと言えるでしょう。

まあ、夫の両親の介護のために専業主婦という道を選択し、心身ともに疲れきって辛いと感じている方はおり、生活事情は人によってそれぞれなので一概に、「専業主婦=楽」「兼業主婦=辛い」とは言えないのです。

また、専業主婦で辛いと感じている方の中には、世間から取り残されているのではないかという疎外感があり、これが耐えられないと感じているのかもしれません。

基本的に家の中で仕事をする生活が長期的に続きますし、自分から積極的に行動を起こさなければ自宅とスーパーの道しか行き来しないということも十分にあり得るので、寂しい気持ちになって辛いと感じることは十分にあり得ます。

そこで、特別な理由があって専業主婦という道を選択しなければならないというわけではないのであれば、パートでもアルバイトでも良いので空いた時間を利用して働いてみてください。

家の中に閉じこもっていると卑屈に考えてしまいますし、「このままで良いのだろうか?」と不安になることも少なくはありませんが、外で仕事をして身体を動かしていればこのような気持ちを吹き飛ばせますし、生活費を稼げるというように一石二鳥なのです。

精神的なストレスを上手く軽減できれば、現状の生活が辛いと感じることは少なくなるはずなので、心身ともに加わる負担は軽減されると思われます。

どちらにしても、今のままの生活で精神的に辛いと感じるのであれば、別の方法を選択しなければ前には進めないと言えるでしょう。

人によってそれぞれだとは思いますが、充実し夫婦生活を築けるように、色々と努力してみてください。

 

「専業主婦の考え方」についてのページ

専業主婦が不安な方へ
専業主婦を我慢しているという方へ
専業主婦で忙しいという方へ
専業主婦で働きたいという方へ
専業主婦でだらだらしてしまうという方へ
専業主婦で自立したいという方へ
専業主婦で目標がないという方へ
専業主婦で友達がいないという方へ
専業主婦が合わないという方へ
専業主婦が辛いという方へ
専業主婦が楽しいという方へ
専業主婦に憧れる方へ
専業主婦の生きる意味
専業主婦のプライド
専業主婦のモチベーション
専業主婦の義務