トップページ > 専業主婦の考え方 > 専業主婦の生きる意味

専業主婦の生きる意味について

専業主婦の中で、自分の生きる意味がないということで、これからの生活が不安になっている女性は多くいらっしゃいます。

特に専業主婦の方の中には、「家族以外の誰かに役に立つわけでもなく、ただ毎日が過ぎていく」と考えている方がいらっしゃいますが、人の役に立っているかは一概に決められるわけではなく、サラリーマン程度が支払う税金程度では、社会貢献をしているとは言えないのです。

生きる意味がないということで卑屈に考える気持ちは十分に分かりますが、専業主婦のあなたがいなければ子供は成長できませんし、家事を行って家庭を守っているのは事実なので怠け者ではなく、立派な職業であると言えるでしょう。

形式的には専業主婦は無職という形になりますが、それでも大事な使命があることには変わらないので、生きる意味は大いにあります。

どのような理由で専業主婦になったのかは人によって異なりますが、家族のために生きるのも幸せのカタチの一つなので、もっと自信を持って生活して良いのです。

ただ、変わらない日常に嫌気が差し、ストレスが溜まって精神薬に頼らなければ生きていけないという方や、うつ病を発症して闘っているという方は多くいらっしゃいます。

うつ病という大きな病気にかかったのであれば、専門医のもとできちんと治療を行わなければなりませんが、専業主婦として生きる意味を見出せないのであれば、アルバイトや内職など簡単な仕事を行うのが良いかもしれません。

1ヶ月にたった数万円でも稼いで家計の助けとなれば、自分の生きている意味を見出せると思われます。

それに、「自分は生きている価値がない」「自分が死んでも誰も悲しまないのではないか?」と考えている専業主婦の方はおりますが、この世に生きている価値がない人はいませんし、生を授かったという時点で神秘的なことなのです。

子供がいない専業主婦の方ほどこのように考える傾向にありますが、自分が親に感じたありがたみのように、子供ができてあなたがどう思われるかは自分次第であると言えます。

生きる意味を自分から待っていたとしても、簡単に見つかるものではないので、自分から積極的に探し出す必要があるのではないでしょうか。

まずは家族を心から愛し、夫や子供とコミュニケーションを取るように努力をしていれば、存在意義を見つけられることは間違いないので、ネガティブに考えずに前を向いて生きてみてください。

 

「専業主婦の考え方」についてのページ

専業主婦が不安な方へ
専業主婦を我慢しているという方へ
専業主婦で忙しいという方へ
専業主婦で働きたいという方へ
専業主婦でだらだらしてしまうという方へ
専業主婦で自立したいという方へ
専業主婦で目標がないという方へ
専業主婦で友達がいないという方へ
専業主婦が合わないという方へ
専業主婦が辛いという方へ
専業主婦が楽しいという方へ
専業主婦に憧れる方へ
専業主婦の生きる意味
専業主婦のプライド
専業主婦のモチベーション
専業主婦の義務