トップページ > 専業主婦の考え方 > 専業主婦で働きたいという方へ

専業主婦で働きたいという方へ

女性にとって結婚後も仕事を続けるかどうかは大きな悩みのポイントであり、自分の独断ではなく、夫と良く相談をして専業主婦になるかどうか決める必要があります。

そこで、一度専業主婦を試してみたは良いが、数ヶ月間の生活を経て、また働きたいと考えている女性は多くいらっしゃるのです。

また働きたいと思う心境の変化は人によって異なりますが、「専業主婦が思ったよりも暇だから働きたい」「子供が手が掛からなくなったので仕事をする生活に戻りたい」といった理由が挙げられます。

夫の考えで、働きに出ずに家庭や自分の時間を重視して欲しいと懇願したケースもありますが、パートでも派遣でも働きたいという気持ちがあるのであれば、専業主婦を辞めるという選択肢も良いでしょう。

共働きになることで、「家事が疎かになりがち」「夫と時間帯がすれ違う可能性がある」というデメリットがありますが、経済面では金銭的に余裕ができるので貯金もそれなりにできるようになります。

子供ができるまでの期間にできる限りお金を貯めておきたいと考える夫婦は多く、その手段の一つとして共働きが挙げられるので、旦那さんと相談してみるのが良いかもしれません。

それに、今まで専業主婦だった期間は、自分が得た収入ではないということで個人の趣味にお金を使うのをある程度我慢していたかもしれませんが、同じように収入を得ればたとえ少額でも文句は言われないはずです。

「今まで専業主婦をしていた私が仕事をこなせるか心配」と考える方は決して少なくありませんが、正社員ではなくとも空いた時間にパートやアルバイトから始めるというのも一つの選択肢であると言えます。

どの職種に就くかは個人の考え方次第ですが、臨機応変が利くパートであれば、1週間に2日からでも働くことはできますし、家の中でじっとしているよりも良い気分転換となることは間違いないです。

ただし、夫の所得税を計算するに当たり、年収で103万円というのが配偶者控除のラインなので、アルバイトをする場合はこの金額を超えないように上手く調整する必要があります。

また、「ブランクがあるけど仕事と家事の両立を行えるのか?」「新しい職場に馴染めるのか?」という不安を持った専業主婦の方は多いのですが、そのような方を応援している女性の無料転職支援サイトを試してみてください。

子育てをしながら働きたいという女性が多く活躍している企業を探すことも可能なので、大いに役立つはずです。

 

「専業主婦の考え方」についてのページ

専業主婦が不安な方へ
専業主婦を我慢しているという方へ
専業主婦で忙しいという方へ
専業主婦で働きたいという方へ
専業主婦でだらだらしてしまうという方へ
専業主婦で自立したいという方へ
専業主婦で目標がないという方へ
専業主婦で友達がいないという方へ
専業主婦が合わないという方へ
専業主婦が辛いという方へ
専業主婦が楽しいという方へ
専業主婦に憧れる方へ
専業主婦の生きる意味
専業主婦のプライド
専業主婦のモチベーション
専業主婦の義務