トップページ > 専業主婦の考え方 > 専業主婦を我慢しているという方へ

専業主婦を我慢しているという方へ

「結婚は忍耐」という言葉は非常に有名で、今まで育ってきた環境が異なる二人が一つ屋根の下で暮らすのですから、生活をしていく中である程度我慢しなければならないこともあります。

専業主婦の方も色々と我慢していることがあるかもしれませんが、今後夫婦でより良い関係を築いていくためには、お互いのあり方についてゆっくりと話す機会を設けるべきです。

自分から専業主婦を望んだというわけではなく、夫の意向で専業主婦になったという女性は特に我慢することが多いのではないでしょうか。

「本当は外に出て仕事をしたい」と思っていても、夫が家の中にいて家庭を守って欲しいという考えのため、半ば仕方なく専業主婦になった方の不満は募るばかりだと思われます。

それに、友達と遊ぶことですら禁じられているという専業主婦はおり、我慢を重ねてストレスが溜まっているという方も少なくありませんが、一方で旦那さんの不安であると考えられるのです。

例えばの話ですが、自分と一回りほど離れた年下の嫁さんをもらったという場合、「浮気をするのではないか?」「他の男に捕まるのではないか?」という不安があるので、遊びに行ったり飲み会を禁止したりするのかもしれません。

「一歩も家から出るな」というは言い過ぎですが、旦那さんの配慮であると受け取り、少しは専業主婦の女性も我慢する必要があるのではないかと思われます。

それでも、我慢し過ぎるのは良くなく、うつ病で悩まされている専業主婦の方も増えているので、時間を見つけてジムやフィットネスに通い、思う存分に身体を動かすというのは選択肢の一つです。

「お金が勿体無い」と考えるのであれば、ウォーキングやジョギングといった軽い有酸素運動でも良いでしょう。

どちらにしても、我慢が限界を超えると爆発してしまい、最悪の場合は離婚に至るということも十分に考えられるので、ストレスを発散させる方法を色々と考える必要があります。

特に、子供の面倒に付きっ切りの専業主婦の方は、自分の時間がほとんどないということで、些細なことでイライラとしてしまい、我慢が限界を超えて虐待に至るというケースも少なくないのです。

このような場合、旦那さんの方から気を配り、「子供の面倒は自分が見るから出掛けてきなよ」と一言掛ける優しさが大事だと言えます。

特に行きたいところがなかったとしても、旦那さんの優しさが心のより所となるので、専業主婦の奥さんのことを気に掛けてあげてください。

 

「専業主婦の考え方」についてのページ

専業主婦が不安な方へ
専業主婦を我慢しているという方へ
専業主婦で忙しいという方へ
専業主婦で働きたいという方へ
専業主婦でだらだらしてしまうという方へ
専業主婦で自立したいという方へ
専業主婦で目標がないという方へ
専業主婦で友達がいないという方へ
専業主婦が合わないという方へ
専業主婦が辛いという方へ
専業主婦が楽しいという方へ
専業主婦に憧れる方へ
専業主婦の生きる意味
専業主婦のプライド
専業主婦のモチベーション
専業主婦の義務