トップページ > 専業主婦と保険 > 専業主婦と健康診断

専業主婦と健康診断について

企業に所属しているという方は、1年に1回の健康診断が法律で定められておりますが、専業主婦の方は絶対に受けなければならないというわけではないので、受ける機会が少ないという方は多いです。

現在ではショッピングセンターでの健康診断があるようですが、全ての専業主婦が利用しているというわけではなく、その数はかなり少ないと想定されます。

20歳から59歳までの専業主婦の女性に対してリサーチを行ったところ、「きっかけがない」「お金がない」という理由で受けていない方が約67%というデータが出ました。

20代の専業主婦であれば健康診断を受ける機会は少ないかもしれませんが、この数値は異常に低いのではないでしょうか。

健康保険組合に未加入の個人事業主や専業主婦、フリーターの方は自らの意思でお金を支払い健康診断を受けなければなりませんが、自分の身体に異常がないかどうか確かめるためにも、受けた方が良いと思われます。

確かに、健康保険が適用外となるため、通常の診察よりも高いのですが、治療行為や処方箋はないので、数千円〜1万円が一般的です。

普段から節約に勤しんでいる専業主婦の女性にとって、この金額は高いと感じるかもしれませんが、自分の健康に関することなので、いくらお金を費やしても無駄とは言えません。

市などが管轄している保健センターでは割引の健康診断やガン検診、歯科検診などが行われておりますし、市町村のホームページを見ると詳しく記載されております。

市から勝手に送られてくることもありますが、自分で応募したり手続きを行ったりする健康診断もあるので、全く受けていないという専業主婦の女性は、一度健康診断を受けてみるべきです。

上記で説明した専業主婦に対する調査の結果、1年以内に健康診断を受けた方の半分以上が、配偶者の勤務先で受けており、その他の意見として退職前の勤務先というデータが出ました。

そして、健康診断を受けた専業主婦の方に、今後も受けたいかどうか尋ねてみたところ、約92%の方が1年に1回は受けたいと回答しているので、お金を支払ってでも受けるべきだと言えるでしょう。

専業主婦の方は子育てなどで忙しく、健康診断を受ける暇がないという方は決して少なくありませんが、実家の両親に子供を預けるなどして、自分の健康状態をチェックするべきです。

市区町村によっては、格安の金額で受けられるかもしれないので、是非ご自分で調べてみてください。

 

「専業主婦と保険」についてのページ

専業主婦と年金
専業主婦と税金
専業主婦と住民税
専業主婦と健康診断
専業主婦と源泉徴収