トップページ > 専業主婦と保険

専業主婦と保険について

夫の収入で生活をしているという専業主婦の方は、必ずしも加入しなければならない保険はなく、家のローンは夫の生命保険でカバーし、教育費も学資保険でカバーするという感じです。

しかし、収入がないからといって保険に加入する必要がないというわけではなく、もしあなたが突然入院することになったら炊事や掃除を始め、子供の送り迎えなど代わりに仕事をしてくれる人はいません。

「専業主婦は楽そう」と見えるかもしれませんが、影で色々な仕事をしており、毎日忙しく働いているのです。

病気によっては入院が長期的になる可能性もありますし、ヘルパーや託児所に頼らなければならないことも十分にあり得るので、そのような事態に備えて医療保険に加入しておくことをおすすめします。

世の中には色々な保険の種類があり、専業主婦の方はどれに加入すれば良いのか迷ってしまうかもしれませんが、子供のことを考えた定期保険が良いでしょう。

専業主婦には収入がないので、死亡保障は必要ないと考えがちですが、手のかかる幼児がいる場合、仕事をしている夫が面倒を見るのは不可能なため、子供の面倒を誰かに見てもらうための費用が掛かります。

それに、専業主婦である妻がいなくなることで外食が増え、クリーニング代がかさんだりすることも十分に考えられるので、養育のための費用や家計で増えるコストの分を保険で準備しておきたいものです。

そこで、死亡保障を準備する定番の保険が定期保険で、1,000円前後と家計に大きな負担を与えない保険料で準備できますし、必要な保障額が1,000万円以下、期間が10年or15年の場合は、この保険が良いかもしれません。

また、がん保険もおすすめの一つで、検診で初期に発見して治療をするから必要ないと考えている専業主婦の方はいらっしゃいますが、CT・MRI・PETといった検査は1回当たり1万円ほど掛かることも珍しくないのです。

病室も相部屋ですと他の方に気を遣うことになりますが、がん保険に入っていれば安心して個室を利用できます。

仮に初期に見つかったとしても、その後の治療に抗がん剤や放射線を利用した場合、更に大きな費用が掛かることは間違いないので、がん保険に入った方が良いということはお分かり頂けるでしょう。

がんになると保険にはほとんど入れないので、専業主婦に関わらず、がん保険は加入しておいた方が良いということをしっかりと頭に入れておいてください。

 

「専業主婦と保険」についてのページ

専業主婦と年金
専業主婦と税金
専業主婦と住民税
専業主婦と健康診断
専業主婦と源泉徴収