トップページ > 専業主婦のデメリット > 専業主婦と運動不足

専業主婦と運動不足について

専業主婦の方は家の中にいる生活が続くということで、運動不足になりがちです。

特に太っているというわけではなくとも、運動不足の日々が続いて身体がたるんできているという専業主婦の方は多くいらっしゃいます。

そこで、専業主婦の方は自由に使える時間が多いというメリットを生かし、空いている時間帯にジムに通って運動不足を解消してみてください。

ジムに通うのはお金が掛かりますし、これが負担となる方はウォーキングやジョギングといったように、簡単に行える運動でも良いです。

激しい運動を行わなければならないというわけではなく、ウォーキングでも大きな効果を得ることができるので、毎日定期的に続けていく必要があります。

また、手軽に運動不足を解消できるのが日々の掃除で、床の掃除はモップを使って行うのではなく、雑巾で拭くように心掛けるだけでも、30分で約75キロカロリーも消費できるのです。

そして、いつも綺麗にお風呂に入るためにも、丁寧に風呂掃除を行うだけでも十分な運動になるので、専業主婦の方には適している方法だと思われます。

「専業主婦になってから運動をする機会が減る」と感じている方は多くいらっしゃいますが、掃除に洗濯と動き回ることで運動不足を解消できるので、大きな体重の増加は引き起こされないはずです。

更に、日々の買い物を車や自転車に頼らず、歩いて行うことでかなりの運動量となりますし、ウォーキングの代わりにもなると言えるでしょう。

以上のように、専業主婦の方が当たり前のように行っている家事は、案外運動をしていることだと説明できますが、何よりも大事なのがテキパキと動くことで、ダラダラと家事を行っていては意味がありません。

テキパキと動けば消費カロリーを増やすことができますし、運動と家事を同時にこなせるので一石二鳥なのです。

子供がいるという専業主婦の方は、決まった時間に運動をするのが難しいと思うので、家事と運動を同時に行うのが非常に優れているということがお分かり頂けると思います。

もちろん、ダイエットをしたいと考えているのであれば、このような定期的な運動だけではなく、きちんと食生活を見直し、カロリーの高い食事に偏っていないかチェックすることが大事です。

運動不足を解消し、野菜やビタミンといった必須の栄養素を毎日の食生活に取り入れ、肉類に偏る食事を改善できれば痩せられるはずなので、是非試してみてください。

 

「専業主婦のデメリット」についてのページ

専業主婦とダイエット
専業主婦と引きこもり
専業主婦と運動不足
専業主婦とニート
専業主婦と無職
専業主婦と出不精
昼夜逆転する専業主婦