トップページ > 専業主婦と旦那 > 専業主婦と旦那の年収

専業主婦と旦那の年収について

安心して夫婦生活を送りたいということで、旦那の年収がどの程度あれば専業主婦としてやっていけるのか気になるという女性は多くいらっしゃると思います。

「お金がなくても愛があれば大丈夫」とドラマなどのセリフでありますが、現実的に全く収入がないのにも関わらず夫婦の生活を送っておくのは困難なので、旦那の年収がいくら必要なのか気になるはずです。

「年収で○○○万円あれば妻は専業主婦ができる」と一概には説明できませんが、個人の考えによって異なるのではないでしょうか。

家の中にずっといるのが嫌な女性であれば、旦那の年収が1億円あったとしても働きたいという意思を見せると思われますし、平均的な400万円程度でも専業主婦になりたいと考える女性はいらっしゃいます。

それに、子供がいるかどうかでも変わってくるので、専業主婦になるかどうかは旦那の年収が全てではないということは間違いないです。

小さな子供がいるのにも関わらず、仕事と家事と育児の全てを女性が両立するのは大きな負担となりますし、このような場合は夫も仕事だけではなく妻の家事や育児を手伝うという配慮が必要となります。

旦那の年収に関わらず、「専業主婦になって家庭を守って欲しい」と願っているのであれば専業主婦になるのはありですし、共働きを望んでおり、自分も働くことが嫌ではないのであれば、仕事をするのも選択肢の一つです。

どうしても専業主婦になりたいという女性はおりますが、旦那の年収がそこまで高くはないのであれば、裕福な暮らしはできないということを頭に入れておかなければなりません。

若い女性の中には、専業主婦になってそれなりに家事をこなし、友達とランチに行って買い物をしてという生活を想像しているかもしれませんが、このような裕福な生活は難しいと説明できます。

結局のところ、生活レベルをどの辺りに設定するかによって必要な金額は大きく異なるので、いくら以上あれば安泰であるとは言えないことがお分かり頂けるでしょう。

専業主婦になって楽をしたいと考えている女性の気持ちは十分に分かりますが、旦那の転勤によって知らない土地に引っ越してきたという場合は、周りに知り合いがいないので旦那が仕事をしている時は、家で一人で過ごすことになります。

これが精神的に苦痛になってストレスが溜まるという女性の方はいらっしゃるので、専業主婦になれば楽になるという考えは早計なのです。

 

「専業主婦と旦那」についてのページ

専業主婦と旦那の年収
専業主婦と旦那の家事
専業主婦と旦那の小遣い
専業主婦と旦那の育児
専業主婦と旦那の喧嘩