トップページ > 専業主婦と旦那

専業主婦と旦那について

これは当たり前の話ですが、専業主婦になるためには旦那が必要で、旦那が外で働き一定の収入を得てくれるからこそ、女性は専業主婦になって家庭を守ることができるのです。

内閣府の調査では、旦那は外で働き妻は専業主婦として家庭を守るべきという意見に賛成した女性の割合は50%を超えており、男性側の賛成という意見も55%というデータとなっております。

経済面でだけで考えれば、旦那が妻に専業主婦をして欲しいと思うメリットはなく、専業主婦世帯の毎月の貯金額は平均して11,000円なのに対し、共働き世帯は43,000円なのです。

不況によって旦那の収入が徐々に減っている傾向にありますが、妻に専業主婦になって欲しいという旦那が過半数以上というデータは、非常に驚くべきことなのではないでしょうか。

女性の中には、どうしても専業主婦になりたいと考えている方がいらっしゃるかもしれませんが、これは妻の独断で決めるのではなく、夫婦で相談をして決めることだと説明できます。

経済面だけで見れば共働き世帯の方が圧倒的に有利ということは間違いありませんが、家事のできない旦那ですと妻が仕事と家庭を両立しなければならず、これは女性にとって大きな負担となることは間違いないので、専業主婦になった方が肉体的には楽なのです。

人によって価値観は異なるので、どの選択が正しいのか異なりますが、今後の将来は二人で考えて決めなければならないということは間違いありません。

中には、「旦那が低収入だけど育児に専念したいから専業主婦はできる?」と質問をされる女性の方がいらっしゃいますが、これは何を基準に「幸せ」と感じるかで変わってきます。

現代は少子化が非常に問題視されておりますが、これはたくさんの子供を育てることよりも、一人の子供に「習い事をやらせてあげたい」「裕福な生活をさせてあげたい」と考えているからなのです。

もちろん、お金があるから幸せだと言い切ることはできませんし、お金がなくて旅行や外食ができないとしても、幸せと感じることはできると思います。

旦那が低収入だけど子供をたくさん作って専業主婦になりたいと考えている夫婦は、お金に拘らずに子育てに生きがいを見出しているからかもしれません。

少し話がそれてしまいましたが、専業主婦になるにしてもならないにしても、どこに幸せの基準を置いているかによって変わり、これは旦那と共に考えていかなければならない大きな問題なのです。

 

「専業主婦と旦那」についてのページ

専業主婦と旦那の年収
専業主婦と旦那の家事
専業主婦と旦那の小遣い
専業主婦と旦那の育児
専業主婦と旦那の喧嘩