トップページ > 専業主婦になりたい大学生

専業主婦になりたい大学生について

とある調査によると、専業主婦になりたいという大学生が増えていることが分かりました。

結婚相談所でも大学生の女の子が入会するケースは決して珍しくなく、「専業主婦になって早く楽になりたい」と考えている人が多いというわけです。

大学3年生辺りから男性でも女性でも就職活動を行わなければならず、就職氷河期と呼ばれている現代では思うように内定が貰えない可能性があります。

女性は働いたとしても、年収が200万円未満の非正規社員が6割を超えており、一人で生きていくには少々厳しい額なので、大学生の段階から専業主婦になりたいと考えるのは決して不思議ではありません。

「就職活動を行うよりも婚活に力を入れた方が良いのでは」「専業主婦になりたいならば婚活に精を出さなければ」と考えるのです。

確かに、自分が働く必要がないほど高収入の男性を見つけることができれば、専業主婦になるという夢を叶えられますし、将来幸せになる可能性はグンとアップします。

専業主婦になりたいと夢見る大学生の女子を全て否定するわけではありませんが、現実的には非常に厳しいことだと心得ておいた方が良いのではないでしょうか。

現在では不景気の影響で、夫の収入だけでは生計を立てていくことが困難な時代になりました。

共働きが当たり前の時代になったと言っても過言ではなく、男性の約6割の方は結婚した後も女性に働いて欲しいと願っているのです。

つまり、妻が働く必要がないほどの収入を得ている男性は割合的に見ればかなり少ないですし、専業主婦になりたいと考えている大学生の女子は、自分に相当な魅力がなければ高収入の男性をゲットすることはできません。

それに、時間がたっぷりとあってお気楽そうに見える専業主婦ですが、実際に長年に渡って専業主婦をしている女性に話を伺ってみると、想像以上に辛いことが分かります。

夫によって異なるので一概には説明できないものの、自分で働いてお金を稼いでいるわけではないので、当然のようにたくさんのお小遣いを貰うことはできないはずです。

毎日習い事を行うようなことは難しいですし、掃除や洗濯といった家事以外にもやらなければならないことは多く、思考能力や体力も必要となります。

そして、主婦の仕事はやって当たり前と思われる傾向があり、家の中に一人でいることで社会との繋がりを持ちにくく、孤独感や疎外感を感じる女性も多いのです。

以上のように、専業主婦になりたいと思っていても、自分が夢見ているような生活を送るのは難しいと、大学生の女子は心得ておいてください。