トップページ > 専業主婦と病気 > 専業主婦とうつ病

専業主婦とうつ病について

中には、専業主婦はお気楽であると思っている方がいらっしゃいますが、実はうつ病で悩む方が多くいるのは紛れもない事実です。

家事を仕事としている専業主婦は家の中で過ごすことが非常に多いですし、社会から取り残されているのではないかと焦燥感に駆られることも少なくなく、こういったストレスが積み重なってうつ病となってしまいます。

「家事をしようと思っても無気力感に襲われてできない」「外に出たくないので買い物に行けない」というように気持ちが塞ぎがちになり、うつ病に悩まされる可能性が高いというわけです。

好きな時に好きなことができますし、仕事をしているキャリアウーマンと比べれば専業主婦の方が時間に自由がありますが、その人の性格によってはこのような環境がストレスとなり、うつ病を発症するのかもしれません。

もちろん、仕事による人間関係に嫌気が差し、うつ病を発症するというケースもありますが、仕事が楽しかったという女性にとって、家にいること自体にストレスを感じ、うつ病に悩まされることもあります。

それに、専業主婦の方は自分で働いて収入を得ているわけではないので、経済力がないというデメリットがあるのです。

もちろん、夫を影で支えていることには間違いありませんが、直接的な収入がないため、自分のためにお金を使うことに対して遠慮が出てしまい、夫や子供のための出費はできたとしても、自分自身への楽しみにはお金を使えないという方は多くいらっしゃいます。

専業主婦の方は、このような原因でストレスが溜まり、上手く発散できていないとうつ病といった大きな病気に悩まされてしまうと説明できるでしょう。

一度うつ病にかかると、完治するまでに長い期間を要すると言われており、専門医の指示を経て薬物療法などを行っていきます。

ある程度心身の症状が軽減されてきたら、脱うつ病のリハビリを始め、規則正しい生活を取り戻して社会復帰できるように治療を行っていくというわけです。

特に、「子育てをしっかりとしている」「一切手を抜かずに家事を行っている」というように、自分に厳しいタイプの専業主婦がうつ病になるケースもあり、これは頑張りすぎが原因であると言われております。

真面目で頑張りやの方がこのような原因でうつ病を発症することがあるのですが、しっかりと治療を行えば夫のことを支えられる良い主婦に戻れるので、諦めずに治療に励むようにしてください。

 

「専業主婦と病気」についてのページ

専業主婦とストレス
専業主婦とうつ病
専業主婦と頭痛
専業主婦とノイローゼ
専業主婦と体調不良