トップページ > 専業主婦と病気 > 専業主婦とストレス

専業主婦のストレスの原因について

専業主婦はストレスが溜まりやすいと言われておりますが、これには色々な原因が考えられます。

基本的に専業主婦の方は自宅で掃除や洗濯といった家事を行い、スーパーへ買い物に行って食事の用意をしてというように、夫以外の人と関わる機会が仕事をしていた時と比べて圧倒的に減るのです。

子供がいるという専業主婦の方は、同じママ友とランチに行ったり、公園で出会った方々と会話をしたりと、他人と触れ合う機会は増えますが、そうではないという方は人と接することが少なくなります。

一人の時間が苦痛ではないという方は特に問題はありませんが、孤独感を感じやすいという専業主婦は、ストレスを感じて精神的な負担になることが多いというわけです。

一昔であればご近所の方々との交流が少なからずありましたが、現在では核家族化が進んでおり、周りに誰が住んでいるのか全く分からないということも決して不思議ではありません。

このように、人と接する機会が圧倒的に減って、社会から取り残されていると考えることが原因でストレスが溜まるのだと説明できます。

ストレスが溜まりすぎるとマイナスの感情でいっぱいになってしまうかもしれませんが、確実に言えることは専業主婦の時よりも仕事をしている時の方がストレスが溜まるということです。

仕事をしていれば他人と触れ合う機会は増えるものの、仕事に追われたり人間関係で傷ついたりと、ストレスを感じる場面は多く、体調不良で悩まされるという方もいらっしゃいます。

それに、専業主婦であれば自分の趣味に費やす時間をたっぷりと作れるので、ストレスの解消法はたくさんあるでしょう。

図書館を利用して読書に勤しんだり、ジムやスイミングスクールに通って身体を徹底的に動かすといったように、お金が掛かる方法も掛からない方法も、色々と試せると思います。

ただ家の中でじっとしていると余計にストレスが溜まる可能性が高いので、専業主婦という立場を利用して、自分のやりたいことを行うのが一番のストレス解消法なのです。

もちろん、自分の趣味に時間を費やしすぎて家事や育児が疎かになるというのは本末転倒ですが、これらの仕事をこなした上で趣味に時間を費やすのは決して悪いことではありません。

また、兼業主婦の方は時間にすれ違いが生じ、夫とコミュニケーションを取る時間を作れないかもしれませんが、専業主婦であればそのような事態を防げるはずです。

 

「専業主婦と病気」についてのページ

専業主婦とストレス
専業主婦とうつ病
専業主婦と頭痛
専業主婦とノイローゼ
専業主婦と体調不良